Custom Search APIの利用を開始する手順を解説

Google検索結果や検索順位を毎日モニタリングするにはCustom Search APIを使うと便利です。

このCustom Search APIを利用するとAPIクライアントライブラリを経由してGoogle検索の結果を取得することができるようになります。

無料で使用できる上限はありますが、Custom Search APIは基本無料で利用できます。

まずはCustom Search APIを有効にして準備してみましょう。

利用開始の手順

まずGoogle Cloud Platformで新しいプロジェクトを作成します。

新しいプロジェクトの設定画面が開くのでプロジェクトの名称などを設定して「作成」をクリックします。

新しいプロジェクトが作成されると下のような画面が表示されるので、画面中段になる「APIとサービス」をクリックします。

画面の上のほうにある「APIとサービスを有効にある」をクリック。

たくさんのAPIがあるので検索窓で「Custom Search」と検索します。

「Custom Search API」を選択します。

「有効にする」をクリック。

続いて認証情報を作成します。

画面の右上の「認証情報を作成」をクリックします。

今回は「アプリケーション データ」を選択します。

サービス アカウントの作成を促された場合、手順に従ってサービス アカウントを作成してください。

作成するサービス アカウントのロールを設定して「続行」をクリック。

ほかのユーザーにもロールを付与するか聞かれますが、いったんスキップして大丈夫です。

「完了」をクリックします。

作成した認証情報はページ中段にある「認証情報」のタブで調べられます。

 

これでCustom Search APIが有効になりました。

以上、Custom Search APIを利用解する手順の解説でした。

ブログに戻る
1 3

Googleサーチコンソール定額レポート

お問い合わせ