Google広告の特定のコンバージョン名をLooker Studioでフィルタする方法

Google広告をLooker Studioで分析・可視化する際に指標に「コンバージョン」を設定すると、すべてのコンバージョン アクション(コンバージョン名)の合計数が表示されます。

例えば「問い合わせ完了」「申し込み完了」「電話タップ」など複数のコンバージョン アクションを設定しているようなケースで、どれか特定のコンバージョン アクションのコンバージョン数だけを見たい場合は、フィルタして絞り込む必要があります。

Looker StudioでGoogle広告の特定のコンバージョン アクション(コンバージョン名)をフィルタする方法を解説します。

まずその前に特定したいコンバージョン アクションをGoogle広告の画面で確認しておきます。

Google広告の特定のコンバージョン名をLooker Studioでフィルタする方法

フィルタの設定方法

今回はスコアカードで説明します。

このスコアカードの指標には「コンバージョン」が設定されており、すべてのコンバージョン アクションの合計が表示されています。

スコアカードを選択して「フィルタを追加」をクリック。

Google広告の特定のコンバージョン名をLooker Studioでフィルタする方法

フィルタの設定画面で一致条件のフィールドに「Segment Conversion Type Name」を指定します。

条件はコンバージョン アクションの名前で絞り込めるよう設定します(次に等しい、含む、など)。

Google広告の特定のコンバージョン名をLooker Studioでフィルタする方法

このようにGoogle広告の複数のコンバージョン アクション(コンバージョン名)の中から特定のもののコンバージョン数がフィルタできました。

以上、Google広告の特定のコンバージョン名をLooker Studioでフィルタする方法の解説でした。

ブログに戻る
1 3

GA4定額レポート

お問い合わせ