DomoにGoogleスプレッドシートを接続する

Domo(BIツール)にGoogleスプレッドシートを接続する方法を解説します。

Domoには外部データへの接続のためのコネクターが数多く用意されており、Googleスプレッドシートに接続するのも簡単です。

接続方法

まずダッシュボードの作成画面で「コネクターを検索する」をクリックします。

DomoにGoogleスプレッドシートを接続する

「Google Sheets」をクリック。

DomoにGoogleスプレッドシートを接続する

接続するGoogleスプレッドシートを管理しているGoogleアカウントを選択して、右上の「次へ」をクリックします。

DomoにGoogleスプレッドシートを接続する

接続するスプレッドシートを見つける方法がいくつか用意されているので、目的のスプレッドシートを探して「選択」をクリックします。

DomoにGoogleスプレッドシートを接続する

スプレッドシート内の接続したいワークシートを選択する際、ヘッダー(データの見出し)の行/列が指定できます。

今回は1行目に見出しが入っているので「列ヘッダー」を選択しています。

指定ができたら「次へ」をクリックします。

DomoにGoogleスプレッドシートを接続する

接続するスプレッドシートから作成されるDATASETの更新頻度、タイミングを設定する「スケジュール設定」画面が表示されます。

元データが随時更新される場合はここでデータの更新スケジュールを指定できます。スプレッドシート側の更新状況に合わせて設定してください。

DomoにGoogleスプレッドシートを接続する

DATASET名は必須ですので、名前を付けて「保存して実行」をクリックします。

DomoにGoogleスプレッドシートを接続する

データのサイズによっては多少時間がかかるかもしれませんが、無事にデータがアップロードされると下の画面に切り替わり、いま指定したDATASETの名前が表示されていればデータの準備は完了です。

Domoでシンプルな縦棒グラフを作成する【Domoの使い方】

これでDomoにGoogleスプレッドシートのデータがアップロードされました。

以上、DomoにGoogleスプレッドシートを接続する方法の解説でした。

ブログに戻る
1 3

お問い合わせ