Google Gemini Advancedの利用を開始する─画面キャプチャ入りで解説

GoogleのAI「Gemini 1.5 Pro」を利用するにはGemini Advancedの契約が必要になります(無料で利用できるのはGemini 1.0 Pro)。

2か月間は無料で利用できるので、ぜひ試してみましょう!

Google Gemini Advanced
https://gemini.google.com/advanced

トライアルを開始する

Google Gemini Advancedのページにアクセスしたら「2か月間無料トライアル」をクリックします。

このとき下のようなアラートが表示された場合、いまGemini Advancedを利用しようとしているGoogleアカウントがGoogle Workspaceで管理されているアカウントの可能性があります。

Gemini Advanced をご利用いただけません
一部の国、仕事用アカウント、および一定の年齢に達していないユーザーについては Gemini Advanced をご利用いただけません。

Google Workspaceで管理されているアカウントの場合は別途「Gemini for Google Workspace」が用意されています。

詳しくは自社のGoogle Workspaceの管理者に問い合わせてみましょう。

個人のGoogleアカウントで利用しようとしている場合、下のような画面に遷移するはずですので「アップグレード」をクリックします。

初回の課金のタイミングなどが表示されるので、確認して「定期購入」をクリックします。

※支払い情報などを入力します。

「Google One AI Premium」の定期購入手続きが完了すればOKです。

まだもう少し確認事項があります。進みましょう!

「Geminiと話そう」をクリック。

利用規約、プライバシーポリシーを確認します。

情報の正確性などを確認して「続ける」をクリック。

これでGemini Advancedが利用できるようになったのですが、最後にもう1点、設定を確認します。

拡張機能を確認

左下の歯車マークをクリックします。

「拡張機能」をクリック。

Gemini Advancedにはいくつか拡張機能が用意されていますが、Google Workspaceはデフォルトで有効になっていない場合ありますので、これを有効にします。 

Google Workspaceの拡張機能を有効にすると、Googleドライブなどにアクセスできるようになります。

内容を確認して「接続」をクリックします。

これで現時点(2024年5月)でGemini Advancedに用意されている機能が利用できるようになりました!

以上、Google Gemini Advancedの利用を開始する方法の解説でした。

ブログに戻る
1 3

GA4定額レポート

お問い合わせ