NotebookLMで「早期アクセスアプリ への アクセス権がありません」となった場合の対処方法

GoogleがリリースしたAIアシスタント「NotebookLM」にアクセスしようとした際に「早期アクセスアプリ への アクセス権がありません」と表示された場合の対処方法です。

NotebookLM
https://notebooklm.google.com/

NotebookLMは2024年6月にリリースされたばかりで、Google Workspaceでアカウントが管理されているユーザーに対しては「早期アクセスアプリ」の対象になっています。

そのため、アカウントが所属しているGoogle Workspaceの権限によってはNotebookLMが利用できません。

Google Workspaceの管理者のかたに問い合わせる必要があります。

以下はGoogle Workspaceの管理者のかた向けの「早期アクセスアプリ」の利用権限を変更する方法の解説です。

Google Workspace管理者向け

「早期アクセスアプリ」の利用権限の変更するには、Google Workspaceのコンソール画面の左側メニュー「アプリ」の中にある「その他の Google サービス」をクリックします。

サービスの一覧から「早期アクセスアプリ」をクリックします。

「サービスのステータス」をクリック。

「オン」を変更すて「保存」をクリックします。

「早期アクセスアプリ」を「オン」にする対象範囲にご注意ください。

ステータスの変更後、少し時間をおくと無事にNotebookLMにアクセスできるようになります。

以上、NotebookLMで「早期アクセスアプリ への アクセス権がありません」となった場合の対処方法の解説でした。

ブログに戻る
1 3

GA4定額レポート

お問い合わせ