「Gemini はこのアカウントでは利用できません」と表示された場合の対処方法

Googleの生成AI「Gemini」を使ってみようと思ったら、「Gemini はこのアカウントでは利用できません」と表示されてしまった!

この場合の対処方法を説明します。

「Gemini はこのアカウントでは利用できません」と表示された場合の対処方法

これは、いまGeminiを利用としているアカウント(Googleアカウント)がGoogle Workspaceで発行・管理されている場合に発生します。

Google Workspaceではそのワークスペースに所属しているアカウントが利用できるサービスをアカウント単位で制御できるようになっおり、いまお使いのアカウントにはGeminiの利用が許可されていないということです。

もしあなたがGoogle Workspaceの管理者でない場合、管理者に連絡しましょう!

Geminiへのアクセスを有効ににする方法

ここからはGoogle Workspaceの管理者権限がアカウントでの作業になります。

まず管理コンソールにアクセスします。

https://admin.google.com/

左側のメニューのアプリの中にある「その他の Google サービス」をクリック。

「Gemini はこのアカウントでは利用できません」と表示された場合の対処方法

その他の Google サービスの一覧が表示されます。

下のようにGeminiがオフになっているのがわかります。

「Gemini はこのアカウントでは利用できません」と表示された場合の対処方法

上の画面でGeminiのあたりをクリックするとこの画面に切り替わります。

ここで「サービスのステータス」をクリックします。

「Gemini はこのアカウントでは利用できません」と表示された場合の対処方法

Geminiの利用を有効にする(オンにする)ユーザーの範囲を指定して「保存」をクリックします。

組織によってはGeminiの利用をNGにしているところもあるかと思いますので、適用範囲には注意してください。

「Gemini はこのアカウントでは利用できません」と表示された場合の対処方法

ステータスがオンに変更になれば完了です。

通常は数分で変更が反映されるようです。

以上、「Gemini はこのアカウントでは利用できません」と表示された場合の対処方法の解説でした。

ブログに戻る
1 3

GA4定額レポート

お問い合わせ