Looker StudioでGA4を参照した際のエラー原因であるAPIトークン使用数を調べる方法|Looker Studio

2022年11月のGoogleアナリティクスGA4の仕様変更以降、Looker StudioからGA4を参照するとグラフでエラーが頻発するのに困っているかたも多いかと思いますが、これはGA4データAPIトークンの使用数の上限に達したことが要因です。

このエラーを回避する方法はいくつかあるのですが、ちょっと話が長くなるので、まずはエラーが発生しているLooker StudioのレポートがどれくらいのGA4データAPIトークンを使用しているか調べてみましょう。

APIトークン使用量の調べかた

グラフや表の要素を右クリックして表示されたメニューから「Googleアナリティクス トークンの使...」を選択します。

Looker StudioでGA4を参照した際のエラー原因であるAPIトークン使用数を調べる方法|Looker Studio

使用状況がポップアップするのでタブで「レポート」「コンポーネント」を切り替えながら、APIトークンの使用量が確認できます。

Looker StudioでGA4を参照した際のエラー原因であるAPIトークン使用数を調べる方法|Looker Studio

もしあまり重要ではないグラフ要素が過剰にAPIトークンを消費していた場合は、いったんそのグラフ要素を削除してみるもの手です。

それにしても、GoogleさんのこのAPIトークンの制限はLooker StudioでGA4の数値を見ているユーザには厳しすぎますよね。

もう少しAPIトークン上限を緩和してくれることを望みます。

ブログに戻る
1 3

お問い合わせ