Looker StudioでGoogleサーチコンソールのワードクラウド/タグクラウドを作成する

キーワードの頻出状況を可視化する手法としてワードクラウド/タグクラウドというものあります。

下がサンプルですが、Looker Studioでもこのワードクラウド/タグクラウドが作成できます。

Googleサーチコンソールのワードクラウド/タグクラウドを作成する

これは「コミュニティ ビジュアライゼーションとコンポーネント」という追加要素で、Looker Studioが公式に提供しているものではなく、サードパーティによる機能です。

Googleサーチコンソールの検索キーワード(Query)を使ってワードクラウド/タグクラウドを作成する方法を解説します。

以下の注意点を確認してから試してください

利用時の注意点

  1. サードパーティが提供している機能ですので、必ず利用規約を確認してから、利用するかどうかご自身で判断してください
  2. Googleサーチコンソールの「検索キーワード」のデータが多いサイトの場合、動作が非常に重くなります(Looker Studioがフリーズします)

設定方法

まずLooker StudioのレポートをGoogleサーチコンソールの「サイトのインプレッション」データに接続しておきます。

メニューの「グラフを追加」の右にある◇+マークをクリックしてプルダウンメニューを開きます。

Community visualizations(BETA)という表示があるので「+もっと見る」をクリックします。

Googleサーチコンソールのワードクラウド/タグクラウドを作成する

コンポーネント一覧から「Vega/Vega-Lite」をクリックします。

Googleサーチコンソールのワードクラウド/タグクラウドを作成する

ポップアップで利用規約が表示されるので確認してOKであれば「許可」をクリックします。

Googleサーチコンソールのワードクラウド/タグクラウドを作成する

「許可」するとコンポーネントを設置できる状態になりますので、任意の場所に配置してサイズを調整します。

Googleサーチコンソールのワードクラウド/タグクラウドを作成する

このVega/Vega-Liteのコンポーネントは通常のグラフと同じように「設定」「スタイル」のタブが用意されています。

設定は下記のようにします(クリック数を基準にしたワードクラウドの場合)。

  • dimensions
    • Query
  • metrics
    • Clicks
  • 並べ替え
    • Clicks
    • 降順

このようにワードクラウド/タグクラウドが完成しました。

Googleサーチコンソールのワードクラウド/タグクラウドを作成する

細かい色のコントロールはできませんが「テーマとスタイル>カスタマイズ」の中にある「データのスタイル」で色を指定すれば全体の雰囲気は変更できます。

Looker StudioでGoogleサーチコンソールのワードクラウド/タグクラウドを作成する

また、ほかのグラフ要素と同じようにフィルタを適用することも可能です。

以下は「chatgpt」を含む検索キーワードでフィルタしたサンプルです。

Looker StudioでGoogleサーチコンソールのワードクラウド/タグクラウドを作成する

このようにGoogleサーチコンソールの検索キーワードのデータをワードクラウドで見てみると、また違った発見があるかもしれませんね。

以上、Googleサーチコンソールのワードクラウド/タグクラウドを作成する方法の解説でした。

ブログに戻る
  • Looker Studioで特定ページだけキャンバスサイズを変更する方法

    Looker Studioで特定ページだけキャンバスサイズを変更する方法

    Looker Studioでレポートを作成する際、データの量によってはデフォルトで設定しているページ内に収まりきらないことあります。 例えば下のようにページの天地サイズ内に「1カ月ぶんの日付が表示できない」ようなケースです(文字を小さくすれば収まらないこともありませんが、あまり文字を小さくすると読めなくなってしまうので、それも回避したい)。 こういったケースで「特定のページだけページのサイズ(キャンバスサイズ)を変更する」方法を解説します。 下のようにページごとに異なるキャンバスサイズにします。 設定方法 まず、サイズを変更したいページを開き、メニューから「現在のページの設定」を選択します。 右側のメニューから「スタイル」を選択。 任意にサイズを変更しますた。 下のように天地(高さ)のサイズが拡張できました。 もとのサイズに比べてページ下部が拡張されています。 比較するとこんな感じです。 以上、Looker Studioでレポートの一部のページだけページのキャンパ部サイズを変更する方法の解説でした。

    Looker Studioで特定ページだけキャンバスサイズを変更する方法

    Looker Studioでレポートを作成する際、データの量によってはデフォルトで設定しているページ内に収まりきらないことあります。 例えば下のようにページの天地サイズ内に「1カ月ぶんの日付が表示できない」ようなケースです(文字を小さくすれば収まらないこともありませんが、あまり文字を小さくすると読めなくなってしまうので、それも回避したい)。 こういったケースで「特定のページだけページのサイズ(キャンバスサイズ)を変更する」方法を解説します。 下のようにページごとに異なるキャンバスサイズにします。 設定方法 まず、サイズを変更したいページを開き、メニューから「現在のページの設定」を選択します。 右側のメニューから「スタイル」を選択。 任意にサイズを変更しますた。 下のように天地(高さ)のサイズが拡張できました。 もとのサイズに比べてページ下部が拡張されています。 比較するとこんな感じです。 以上、Looker Studioでレポートの一部のページだけページのキャンパ部サイズを変更する方法の解説でした。

  • Looker Studioの計算フィールドでGA4の指標の「キーイベント」が使用できない際の対処方法

    Looker Studioの計算フィールドでGA4の指標の「キーイベント」が使用できない際の対処方法

    「キーイベント」に関して、GA4をLooker Studioに接続して分析する際に重大な不具合があります。

    Looker Studioの計算フィールドでGA4の指標の「キーイベント」が使用できない際の対処方法

    「キーイベント」に関して、GA4をLooker Studioに接続して分析する際に重大な不具合があります。

  • Looker Studio連携したGA4を再接続した際の「コンバージョン」「キーイベント」の変更について

    Looker Studio連携したGA4を再接続した際の「コンバージョン」「キーイベント」の変...

    Looker Studio連携したGA4を再接続した際の「キーイベント」の変更についての解説です。

    Looker Studio連携したGA4を再接続した際の「コンバージョン」「キーイベント」の変...

    Looker Studio連携したGA4を再接続した際の「キーイベント」の変更についての解説です。

1 3

お問い合わせ