Looker StudioでGA4の「平均エンゲージメント時間」を求める

Looker StudioでGA4の「平均エンゲージメント時間」を求める方法を解説します。

GA4にはユーザーのエンゲージメントを測る指標で「ユーザーエンゲージメント」という「ユーザーがエンゲージメントした時間(秒)」があります。

GA4のレポート画面ではこのように「平均エンゲージメント時間」として、秒数が表示されます。

Looker StudioでGA4の「平均ユーザーエンゲージメント(時間)」を求める

しかし、Looker StudioからGA4に接続した際、GA4のレポート画面で見られるような「平均エンゲージメント時間」という指標は存在しません。

Looker Studioに同期されるエンゲージメントに関する指標はこの3つだけです。

  • ユーザーエンゲージメント
  • エンゲージメント率
  • エンゲージのあったセッション数

Looker Studioで「平均エンゲージメント時間」を求めるには計算フィールドを使って新しく指標を作る必要があります。

Looker Studioの設定方法

まずLooker Studioで「ユーザーエンゲージメント」をそのままスコアカードに設定するとどうなるか見てみましょう。

このように「ユーザーエンゲージメントの総時間(秒)」が表示されます。

Looker StudioでGA4の「平均ユーザーエンゲージメント(時間)」を求める

これを計算フィールドを使って処理します。

今回の場合はスコアカードを複製して「指標」から「フィールドを作成」をクリックします。

Looker StudioでGA4の「平均ユーザーエンゲージメント(時間)」を求める

計算フィールドが表示されるので、

ユーザーエンゲージメント / アクティブユーザー数

と入力。

「データの種類」のプルダウンから「持続時間(秒)」を選択します。

Looker StudioでGA4の「平均ユーザーエンゲージメント(時間)」を求める

このように「平均エンゲージメント時間」に近しい値が求められました。

Looker StudioでGA4の「平均エンゲージメント時間」を求める

なぜ「近しい値」か?

GA4の管理画面で見られる「平均エンゲージメント時間」の定義は下記になるため、厳密に言うと「近しい値」までの精度でしか「平均エンゲージメント時間」は求められません。

しかし、レポーティングにはこれで充分かと思います。

アプリの場合はフォアグラウンド表示されていた時間の平均値、ウェブサイトの場合はブラウザ上でフォーカス状態にあった時間の平均値です。

以上、Looker StudioでGA4の「平均エンゲージメント時間」を求める方法の解説でした。

ブログに戻る
1 3

お問い合わせ