キャンバスサイズの設定と変更方法|Looker Studio

Looker Studioで作成するレポートそのもののサイズの設定と、その変更方法を説明します。

デフォルトで用意されている下の4つ以外にも、幅と高さをピクセルで指定してキャンバスサイズを変更できます。

デフォルトで用意されているキャンバスサイズ

  • US レターサイズ(4:3)- 縦向き
    • 900×1200ピクセル
  • US レターサイズ(4:3)- 横向き
    • 1200×900ピクセル
  • スクリーン(16:9)- 縦向き
    • 768×1366ピクセル
  • スクリーン(16:9)- 横向き
    • 1366×768ピクセル

最終的にPDFなどに書き出して印刷する用途があるのであれば「US レターサイズ(4:3)- 横向き」を選択しておけば問題ないでしょう。

もちろん任意にキャンバスサイズを変更することもできます。

キャンバスサイズの変更方法

Looker Studioで編集モードにして、上部メニューから「テーマとレイアウト」をクリック。

キャンバスサイズの設定と変更方法|Looker Studio

「テーマとレイアウト」タブの「レイアウト」をクリック。

キャンバスサイズの設定と変更方法|Looker Studio

右側のメニューの中段の「キャンバスサイズ」の項目を任意に選択、編集してサイズを指定します。

キャンバスサイズの設定と変更方法|Looker Studio

A4サイズにしたい場合は長辺842ピクセル×短辺595ピクセルを指定します。

ただこれだと画面上で見た際にかなり小さくなってしまうので、長辺1200ピクセルに合わせて比率計算して、短辺847ピクセルにします(USレターサイズとあまり変わらないですね)。

以上、Looker Studioのレポートのキャンバスサイズの設定と変更方法の解説でした。

ブログに戻る
1 3

お問い合わせ