Looker Studioの計算フィールドの使い方【曜日を表示する】

Looker Studioの計算フィールドを使って日付のデータを元に曜日を表示させてみましょう。

曜日を表示させる関数

曜日を表示させる関数は元の日付データの形式によっていくつか種類があります。

今回は「2023/11/15」のような形式から日付を表示させるには計算フィールドにこのような関数を入力します。

WEEKDAY(日付)

下のように曜日が数字で表示されました。

  • 0=日曜日
  • 1=月曜日
  • 2=火曜日
  • 3=水曜日
  • 4=木曜日
  • 5=金曜日
  • 6=土曜日

Looker Studioの計算フィールドの使い方【曜日を表示する】

ただ、数字のままだとわかりにくのでこれを漢字表記にしてみましょう。

同じように計算フィールドを使って変換します。

曜日を漢字にする

CASE関数を使って数字を漢字に変換します。

case
when WEEKDAY(日付) =0 then '日曜日'
when WEEKDAY(日付)=1 then '月曜日'
when WEEKDAY(日付)=2 then '火曜日'
when WEEKDAY(日付)=3 then '水曜日'
when WEEKDAY(日付)=4 then '木曜日'
when WEEKDAY(日付)=5 then '金曜日'
when WEEKDAY(日付)=6 then '土曜日'
end

Looker Studioの計算フィールドの使い方【曜日を表示する】

実際のLooker Studioの画面はこちらになります。

以上、Looker Studioの計算フィールドを使って曜日を表示する方法の解説でした。

ブログに戻る
1 3

お問い合わせ