コピペOK! Looker StudioのGA4の曜日を正しくするCASE関数

Looker StudioでGA4のデータを扱う際に「曜日」ごとの数値を見ることがあるかと思います。

当然、ディメンションに「曜日」を設定すると思いますが注意が必要です。

「曜日」をそのまま使ってはダメ

まずLooker Studioに読み込んだGA4の「曜日」ディメンションは間違っているので、そのまま使用してはいけません。

2024年3月27日は水曜日ですが、下のように「曜日」のディメンションを設定すると「2024/3/27 木曜日」となります。

「曜日の名前」のほうはWednesdayで、こちらは正しいです。

このレベルのバグがいつまでも放置されているのは困りますね。

「曜日」を正しくするCASE関数

「曜日」のディメンションを正しくするには下のCASE関数を使用します。

CASE
WHEN WEEKDAY(日付,'DEFAULT_DECIMAL') = 0 THEN '日曜日'
WHEN WEEKDAY(日付,'DEFAULT_DECIMAL') = 1 THEN '月曜日'
WHEN WEEKDAY(日付,'DEFAULT_DECIMAL') = 2 THEN '火曜日'
WHEN WEEKDAY(日付,'DEFAULT_DECIMAL') = 3 THEN '水曜日'
WHEN WEEKDAY(日付,'DEFAULT_DECIMAL') = 4 THEN '木曜日'
WHEN WEEKDAY(日付,'DEFAULT_DECIMAL') = 5 THEN '金曜日'
WHEN WEEKDAY(日付,'DEFAULT_DECIMAL') = 6 THEN '土曜日'
ELSE 'other'
END

わかりやすように「曜日」「曜日の名前」を設定した表で説明します。

まずディメンションで「曜日」をクリックして「フィールドを追加」します。

上記のCASE関数を計算フィールドにコピー&ペーストして「適用」をクリックします。

変化がわかりやすいようにディメンションの名前は「正しい曜日」にしています。

すると下のように「正しい曜日」の項目が追加されて、曜日が正しく表示されるようになりました。

以上、Looker StudioのGA4の曜日を正しくするCASE関数の解説でした。

ブログに戻る
1 3

GA4定額レポート

お問い合わせ