Looker Studioでサイトのページ単位で参照元/メディアやアクセスしている地域を調べる

サイト内の特定のページについて参照元/メディアやアクセスしている地域を調べたいというニーズがあるかと思います。

例えば特定の地域にいるユーザー(在住、勤務など)をターゲットしたサイトで、きちんとターゲットにサイトが見られているのか、それともターゲットと想定していない場所から見られているかを把握することで、サイトの改善や意外なニーズの発見につながるかもしれません。

なお、GA4が計測している地域や市区町村はIPアドレスを元にユーザーの情報を割り出しているため、100%正確ではありません。

参考程度に利用するぶんには、とても有益な発見が得られるはずです。

ディメンション/指標の設定

ページ単位で「セッションの参照元/メディア」「都道府県」「市区町村」ごとのセション数を調べるにはディメンションと指標をこのように設定します。

ディメンション

  • ページタイトル
  • セッションの参照元/メディア
  • 地域
  • 市区町村

指標

  • セッション

Looker Studioでサイトのページ単位で参照元/メディアやアクセスしている地域を調べる

このようにページ単位でのセッション状況が把握できるようになりました。

Looker Studioでサイトのページ単位で参照元/メディアやアクセスしている地域を調べる

なお、ディメンションに設定した「ページタイトル」は「ページロケーション」でも同じように稼働します。

以上、Looker Studioでサイトのページ単位で参照元/メディアやアクセスしている地域を調べる方法の解説でした。

ブログに戻る
1 3

お問い合わせ