ウェブサイトで表示回数が急上昇/急降下したページが発見できる単機能ダッシュボード|Looker Studio

ウェブサイトで表示回数が急上昇/急降下したページを発見する|Looker Studio

GA4で計測しているウェブサイトで表示回数(ページビュー)の急上昇/急降下があったページを把握したいことはよくあるかと思います。

Looker Studioで単機能のダッシュボードを作ってみました。

ページごとに「セッションの参照元/メディア」の情報も入れてあるので、どの参照元/メディアで変動があったかも把握できます。

なにかしら変化があったページを把握して対策を講じるヒントにするのに意外と便利です。

Google Chromeで開いて黄色いプルダウンからGA4プロパティを選択すると、そのGA4プロパティのページごとのデータが見られます。

※皆さんがいまお使いのブラウザで管理画面が見られるGA4のみに適用されます

https://lookerstudio.google.com/s/sSaP9OHgpaE

レポサブではこういった単機能のカスタマイズレポートの制作も承りますので、お気軽にお問い合わせください。

ブログに戻る
1 3

お問い合わせ