Looker Studioのクイックフィルタとは? 使いかたを解説

Looker Studioにクイックフィルタの機能が追加されました。

もともとLooker Studio Proユーザー向けの機能でしたが、Proユーザー以外でも利用できます。

Looker Studioのクイックフィルタとは? 使いかたを解説します

クイックフィルタとは?

Looker Studioのクイックフィルタは「編集モードで利用できる一時的なフィルタ機能」です。

通常、Looker Studioのグラフや表にフィルタを適用すると、そのレポートを共有している(表示している)すべてのユーザーの環境のレポートにフィルタが適用されます。

複数のユーザーが同時にレポートを閲覧している際に誰かがグラフにフィルタを適用すると全員が影響を受けてしまうので、混乱を招きます。

アドホックな分析には必須の機能

このクイックフィルタを利用すると「自分が見ているレポート画面のグラフだけにフィルタを適用する」ことが可能です。

Looker Studioのレポートやダッシュボードでアドホックな分析をする際には必須の機能といえますので、クイックフィルタの機能がProユーザー以外にも開放されたのはとても大きな変化だと思います。

※アドホック=「その場かぎりの」「臨時の」「一時的な」状況に使われる

クイックフィルタの使いかた

Looker Studioでクリックフィルタを利用するには「編集モード」にする必要があります(つまり「閲覧者」権限のユーザーには利用できません)。

編集モードでレポートの任意のページを開くと、上部に「クイックフィルタを追加」という項目が表示されます。

Looker Studioのクイックフィルタとは? 使いかたを解説します

Looker Studioの通常のフィルタとは異なり、ディメンションに含まれている項目を選択するだけになります。

※通常のフィルタはフィルタ条件をユーザーが任意に設定できる

下の例は「デバイス カテゴリ」ディメンションの「desktop」だけでフィルタを設定する図です。

この際に「適用」をクリックするのを忘れずに。

Looker Studioのクイックフィルタとは? 使いかたを解説します

ここで適用したフィルタは同じレポートを共有しているほかのユーザーの環境には影響を与えないので、手元で自由に分析ができます。

その名のとおり簡易なフィルタ機能ですが、簡単にフィルタが設定できるので切りくちを変えながらデータを見てくのにとても便利です。

クイックフィルタには以下の制限があります。

  • ディメンションのみ
  • 表示モードにすると設定がリセットされる
  • ページ内のすべてのグラフや表に適用される
  • など

詳しくは公式サイトも参照してください。
https://support.google.com/looker-studio/answer/13676237?sjid=7739412341536457838-AP#zippy=%2Cin-this-article

以上、Looker Studioのクリックフィルタについてと、使いかたの解説でした。

ブログに戻る
  • Looker Studioで特定ページだけキャンバスサイズを変更する方法

    Looker Studioで特定ページだけキャンバスサイズを変更する方法

    Looker Studioでレポートを作成する際、データの量によってはデフォルトで設定しているページ内に収まりきらないことあります。 例えば下のようにページの天地サイズ内に「1カ月ぶんの日付が表示できない」ようなケースです(文字を小さくすれば収まらないこともありませんが、あまり文字を小さくすると読めなくなってしまうので、それも回避したい)。 こういったケースで「特定のページだけページのサイズ(キャンバスサイズ)を変更する」方法を解説します。 下のようにページごとに異なるキャンバスサイズにします。 設定方法 まず、サイズを変更したいページを開き、メニューから「現在のページの設定」を選択します。 右側のメニューから「スタイル」を選択。 任意にサイズを変更しますた。 下のように天地(高さ)のサイズが拡張できました。 もとのサイズに比べてページ下部が拡張されています。 比較するとこんな感じです。 以上、Looker Studioでレポートの一部のページだけページのキャンパ部サイズを変更する方法の解説でした。

    Looker Studioで特定ページだけキャンバスサイズを変更する方法

    Looker Studioでレポートを作成する際、データの量によってはデフォルトで設定しているページ内に収まりきらないことあります。 例えば下のようにページの天地サイズ内に「1カ月ぶんの日付が表示できない」ようなケースです(文字を小さくすれば収まらないこともありませんが、あまり文字を小さくすると読めなくなってしまうので、それも回避したい)。 こういったケースで「特定のページだけページのサイズ(キャンバスサイズ)を変更する」方法を解説します。 下のようにページごとに異なるキャンバスサイズにします。 設定方法 まず、サイズを変更したいページを開き、メニューから「現在のページの設定」を選択します。 右側のメニューから「スタイル」を選択。 任意にサイズを変更しますた。 下のように天地(高さ)のサイズが拡張できました。 もとのサイズに比べてページ下部が拡張されています。 比較するとこんな感じです。 以上、Looker Studioでレポートの一部のページだけページのキャンパ部サイズを変更する方法の解説でした。

  • Looker Studioの計算フィールドでGA4の指標の「キーイベント」が使用できない際の対処方法

    Looker Studioの計算フィールドでGA4の指標の「キーイベント」が使用できない際の対処方法

    「キーイベント」に関して、GA4をLooker Studioに接続して分析する際に重大な不具合があります。

    Looker Studioの計算フィールドでGA4の指標の「キーイベント」が使用できない際の対処方法

    「キーイベント」に関して、GA4をLooker Studioに接続して分析する際に重大な不具合があります。

  • Looker Studio連携したGA4を再接続した際の「コンバージョン」「キーイベント」の変更について

    Looker Studio連携したGA4を再接続した際の「コンバージョン」「キーイベント」の変...

    Looker Studio連携したGA4を再接続した際の「キーイベント」の変更についての解説です。

    Looker Studio連携したGA4を再接続した際の「コンバージョン」「キーイベント」の変...

    Looker Studio連携したGA4を再接続した際の「キーイベント」の変更についての解説です。

1 3

お問い合わせ