GA4【コンバージョンレポート】 登録不要でこの場で使える

登録不要でこの場で使えるGA4【コンバージョンレポート】です。

このレポートではGA4のコンバージョンを「イベント名」で選択できるようにしてあります。

左上の「イベント名」をプルダウンして任意のイベントを選択すると、そのイベントの「イベント数」が表示されます。

レポートを試す

https://lookerstudio.google.com/s/stdpKFQCZC4

レポート仕様

いまこのページを閲覧しているブラウザ(Google Chromeのみ)で閲覧できるGA4のアカウントのレポートへ接続できます。

レポートについて

このレポートは買い切りGA4&Googleサーチコンソールレポートテンプレートの一部です。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://reposub.jp/products/ga4_searchconsole_report_template

ブログに戻る
  • GA4の「イベント」と「パラメータ」とは?|GA4の必須知識

    GA4の「イベント」と「パラメータ」とは?|GA4の必須知識

    UAからの変更点で馴染みのないのが「イベント」という言葉です。

    GA4の「イベント」と「パラメータ」とは?|GA4の必須知識

    UAからの変更点で馴染みのないのが「イベント」という言葉です。

  • GA4の「ユーザー獲得」「トラフィック獲得」の違いは?

    GA4の「ユーザー獲得」「トラフィック獲得」の違いは?

    GA4のレポート画面の「ライフサイクル」の中にある「集客」の項目には「ユーザー獲得」と「トラフィック獲得」という2つのディメンションがあります。

    GA4の「ユーザー獲得」「トラフィック獲得」の違いは?

    GA4のレポート画面の「ライフサイクル」の中にある「集客」の項目には「ユーザー獲得」と「トラフィック獲得」という2つのディメンションがあります。

  • GA4のDebugView(デバッグビュー)の使いかた

    GA4のDebugView(デバッグビュー)の使いかた

    GA4で計測されるように設定した内容(イベントやパラメータ)が、正しく計測されているかどうかを検証する方法にDebugViewという機能があります。 Googleタグマネージャーを利用されている場合は「プレビュー」という機能で検証ができますが、Googleタグマネージャーを使っていない(=GA4のみ)場合はこのDebugViewで検証します。 DebugView(デバッグビュー)とは? DebugViewとはGA4のイベントの計測状況や各種パラメータの情報が確認できる機能です。 DebugViewを有効化にする方法 このDebugViewを利用するには3つ方法がありますが、簡単なのはChrome(ブラウザ)の拡張機能を使う方法です。 Google Analytics Debugger 上の拡張機能をインストールして有効にします。 ほかの2つの方法は以下になります。 Googleタグマネージャーの「プレビュー」 Googleタグマネージャーの「プレビュー」でもイベントの計測状況が把握できます。今回はGoogleタグマネージャーを使わない方法なので省略します。 GTMやgtag.jsタグを編集 サイトに設置してあるgtag.jsに‘debug_mode’:trueのパラメータを追加する方法もあります。サイトのソースに手を加えないとならないため、少々、面倒ですね。 DebugViewの見かた Google Analytics Debuggerを有効にした状態で該当のサイト/ページを閲覧すると下のようにGA4のイベントが計測されているのが確認できます。 GA4の画面の左下「管理」をクリックします。 「データの表示」の中にある「DebugView」をクリックします。 この画面を表示した状態でサイトまたはページを閲覧・操作します。 検証したいイベントが計測されているかどうかを確認したいので、そのイベントが発生する操作をしてください。 下のようにイベントが計測されるたびにイベント名が表示されます。設定したはずのイベントが計測されていないようならば、あらためてイベントの設定を見直します。 以上、GA4のデバッグビュー(DebugView)の使いかたの解説でした。

    GA4のDebugView(デバッグビュー)の使いかた

    GA4で計測されるように設定した内容(イベントやパラメータ)が、正しく計測されているかどうかを検証する方法にDebugViewという機能があります。 Googleタグマネージャーを利用されている場合は「プレビュー」という機能で検証ができますが、Googleタグマネージャーを使っていない(=GA4のみ)場合はこのDebugViewで検証します。 DebugView(デバッグビュー)とは? DebugViewとはGA4のイベントの計測状況や各種パラメータの情報が確認できる機能です。 DebugViewを有効化にする方法 このDebugViewを利用するには3つ方法がありますが、簡単なのはChrome(ブラウザ)の拡張機能を使う方法です。 Google Analytics Debugger 上の拡張機能をインストールして有効にします。 ほかの2つの方法は以下になります。 Googleタグマネージャーの「プレビュー」 Googleタグマネージャーの「プレビュー」でもイベントの計測状況が把握できます。今回はGoogleタグマネージャーを使わない方法なので省略します。 GTMやgtag.jsタグを編集 サイトに設置してあるgtag.jsに‘debug_mode’:trueのパラメータを追加する方法もあります。サイトのソースに手を加えないとならないため、少々、面倒ですね。 DebugViewの見かた Google Analytics Debuggerを有効にした状態で該当のサイト/ページを閲覧すると下のようにGA4のイベントが計測されているのが確認できます。 GA4の画面の左下「管理」をクリックします。 「データの表示」の中にある「DebugView」をクリックします。 この画面を表示した状態でサイトまたはページを閲覧・操作します。 検証したいイベントが計測されているかどうかを確認したいので、そのイベントが発生する操作をしてください。 下のようにイベントが計測されるたびにイベント名が表示されます。設定したはずのイベントが計測されていないようならば、あらためてイベントの設定を見直します。 以上、GA4のデバッグビュー(DebugView)の使いかたの解説でした。

1 3

GA4定額レポート

お問い合わせ