Google Analytics Data APIの利用を開始する手順を解説

Googleが提供しているGoogle Analytics Data APIを利用すると、GA4の管理画面以外でもGA4のデータにアクセスができるようになります。

例えばGA4のデータをGoogleスプレッドシートに書き出してほかのデータと統合して分析する、といったことが可能です。

今回はGoogle Analytics Data APIの利用を開始する手順を解説します。

なお、Google Analytics Data APIの利用にはGoogle Cloud Platformのアカウントが必要になりますので、もしまだGoogle Cloud Platformのアカウント開設が済んでいない場合はこちらの記事も参考にしてください。

Google Cloud Platform(GCP)の利用を開始する──アカウントを作る
https://reposub.jp/blogs/bigquery/google_cloud_platform_account 

利用開始の手順

まずGoogle Cloud Platformで新しいプロジェクトを作成します。

新しいプロジェクトの設定画面が開くのでプロジェクトの名称などを設定して「作成」をクリックします。

新しいプロジェクトが作成されると下のような画面が表示されるので、画面中段になる「APIとサービス」をクリックします。

画面の上のほうにある「APIとサービスを有効にある」をクリック。

APIの一覧が表示されます。

数が多いので Google Analytics Data API で検索しましょう。

目的の「Google Analytics Data API」が見つかったらクリックします。

 青いボタン「有効にする」をクリック。

これでGoogle Analytics Data APIが利用できるようになりました。

では、さっそくGoogle Analytics Data API経由でGA4のデータを見てみましょう。

以上Google Analytics Data APIの利用を開始する手順の開設でした。

ブログに戻る
1 3

GA4定額レポート

お問い合わせ