YouTube Data APIを利用開始する手順を解説

YouTubeの分析をする際、YouTube Data APIを利用するとさまざまなデータを取得することができます。

例えば競合やベンチマークしているチャンネルのデータを目視で収集するのは手間がかかります。

このYouTube Data APIは一般に公開されている情報(チャンネルや動画のページ上に表示されている情報)であれば、ある程度、データを取得することが可能です。

使用の上限はありますが、YouTube Data APIは無料で利用できます。

利用開始の手順

まずGoogle Cloud Platformで新しいプロジェクトを作成します。

新しいプロジェクトの設定画面が開くのでプロジェクトの名称などを設定して「作成」をクリックします。

新しいプロジェクトが作成されると下のような画面が表示されるので、画面中段になる「APIとサービス」をクリックします。

画面の上のほうにある「APIとサービスを有効にある」をクリック。

たくさんのAPIがあるので検索窓で「YouTube」と検索します。

YouTubeに関するAPIが3つ表示されると思います。

この中から「YouTube Data API v3」を選択してください。

「有効にする」をクリック。

これでYouTube Data APIは有効になりましたが、実際にデータを取得する際にはAPIキーが必要になることがほとんどです。

APIキーを発行するには右上の「認証情報を作成」をクリックします。

今回は「一般公開データ」を選択します。

APIキーが表示されたら「完了」をクリックします。

APIキーはあとから管理画面で調べられるのでこの段階でメモをしておく必要はありません。

 

これでYouTube Data APIが有効になり、APIキーが取得できました。

以上、YouTube Data APIを利用解する手順の解説でした。

ブログに戻る
1 3

GA4定額レポート

お問い合わせ