Looker StudioのGA4の曜日を正しく並び替えるCASE関数

Looker Studioに読み込んだGA4のデータを曜日で並び替えようすると、うまく月曜日〜日曜日という順番で並んでくれないことがあります。

曜日を正しく昇順(または降順)で並び替えする方法を解説します。

※Looker StudioのGA4の「曜日」はそもそも正しくないので、こちらの記事も参照してください。

コピペOK! Looker StudioのGA4の曜日を正しくするCASE関数
https://reposub.jp/blogs/looker_studio/looker_studio_day_of_the_week_case

「曜日」は正しく昇順・降順に並ばない

ディメンションに設定した「曜日」をそのまま「並び替え」項目に設定しても正しく昇順(または降順)で並んでくれません。

下は昇順で並び替えをしていますが、

土曜日
日曜日
月曜日
木曜日
水曜日
火曜日
金曜日

というように、曜日順とは言えない並びかたになってしまいます。

これを正しい昇順(または降順)で並び替えできるようにするには、並び替えに計算フィールドを設定して

曜日の並び替えのCASE関数

曜日を正しく昇順・降順で並び替えられるようにするは、下のCASE関数を利用します。

CASE
WHEN WEEKDAY(日付,'DEFAULT_DECIMAL') = 0 THEN '7'
WHEN WEEKDAY(日付,'DEFAULT_DECIMAL') = 1 THEN '1'
WHEN WEEKDAY(日付,'DEFAULT_DECIMAL') = 2 THEN '2'
WHEN WEEKDAY(日付,'DEFAULT_DECIMAL') = 3 THEN '3'
WHEN WEEKDAY(日付,'DEFAULT_DECIMAL') = 4 THEN '4'
WHEN WEEKDAY(日付,'DEFAULT_DECIMAL') = 5 THEN '5'
WHEN WEEKDAY(日付,'DEFAULT_DECIMAL') = 6 THEN '6'
ELSE 'other'
END

まず表を選択していま並び替えに設定されている項目をクリックして「フィールドを追加」します。

CASE関数をコピー&ペーストして「適用」します。

すると下のように月曜日から正しく昇順で並び替えられました。

Looker Studioではこのように「並び替え」に計算フィールドを追加して並び替えかたをコントロールすることもできます。

以上、Looker StudioのGA4の曜日を正しく並び替えるCASE関数の解説でした。

ブログに戻る
  • Looker Studioで特定ページだけキャンバスサイズを変更する方法

    Looker Studioで特定ページだけキャンバスサイズを変更する方法

    Looker Studioでレポートを作成する際、データの量によってはデフォルトで設定しているページ内に収まりきらないことあります。 例えば下のようにページの天地サイズ内に「1カ月ぶんの日付が表示できない」ようなケースです(文字を小さくすれば収まらないこともありませんが、あまり文字を小さくすると読めなくなってしまうので、それも回避したい)。 こういったケースで「特定のページだけページのサイズ(キャンバスサイズ)を変更する」方法を解説します。 下のようにページごとに異なるキャンバスサイズにします。 設定方法 まず、サイズを変更したいページを開き、メニューから「現在のページの設定」を選択します。 右側のメニューから「スタイル」を選択。 任意にサイズを変更しますた。 下のように天地(高さ)のサイズが拡張できました。 もとのサイズに比べてページ下部が拡張されています。 比較するとこんな感じです。 以上、Looker Studioでレポートの一部のページだけページのキャンパ部サイズを変更する方法の解説でした。

    Looker Studioで特定ページだけキャンバスサイズを変更する方法

    Looker Studioでレポートを作成する際、データの量によってはデフォルトで設定しているページ内に収まりきらないことあります。 例えば下のようにページの天地サイズ内に「1カ月ぶんの日付が表示できない」ようなケースです(文字を小さくすれば収まらないこともありませんが、あまり文字を小さくすると読めなくなってしまうので、それも回避したい)。 こういったケースで「特定のページだけページのサイズ(キャンバスサイズ)を変更する」方法を解説します。 下のようにページごとに異なるキャンバスサイズにします。 設定方法 まず、サイズを変更したいページを開き、メニューから「現在のページの設定」を選択します。 右側のメニューから「スタイル」を選択。 任意にサイズを変更しますた。 下のように天地(高さ)のサイズが拡張できました。 もとのサイズに比べてページ下部が拡張されています。 比較するとこんな感じです。 以上、Looker Studioでレポートの一部のページだけページのキャンパ部サイズを変更する方法の解説でした。

  • Looker Studioの計算フィールドでGA4の指標の「キーイベント」が使用できない際の対処方法

    Looker Studioの計算フィールドでGA4の指標の「キーイベント」が使用できない際の対処方法

    「キーイベント」に関して、GA4をLooker Studioに接続して分析する際に重大な不具合があります。

    Looker Studioの計算フィールドでGA4の指標の「キーイベント」が使用できない際の対処方法

    「キーイベント」に関して、GA4をLooker Studioに接続して分析する際に重大な不具合があります。

  • Looker Studio連携したGA4を再接続した際の「コンバージョン」「キーイベント」の変更について

    Looker Studio連携したGA4を再接続した際の「コンバージョン」「キーイベント」の変...

    Looker Studio連携したGA4を再接続した際の「キーイベント」の変更についての解説です。

    Looker Studio連携したGA4を再接続した際の「コンバージョン」「キーイベント」の変...

    Looker Studio連携したGA4を再接続した際の「キーイベント」の変更についての解説です。

1 3

お問い合わせ