Steep(BIツール)でレポートを作成する

Steep(BIツール)でレポートを作成する方法を解説します。

この記事ではサンプルのECの売上データを使用します。

今回使用するデータはMetricsはすでに定義みですので、定義方法はこちらの記事をご参照ください。

Steep(BIツール)でMetricsを定義する方法
https://reposub.jp/blogs/steep/steep_how_to_define_metrics

レポートの作成方法

左メニューの「My reports」から「Create report」をクリックします。

Steep(BIツール)でレポートを作成する

まず売上のグラフを作成したいので「Chart」をクリックします。すると定義済みのMetrics一覧が表示されるので「売上」をクリックします。

Steep(BIツール)でレポートを作成する

するとこのように「売上」Metricsの折れ線グラフが表示されました。

Steepのデフォルトのグラフは折れ線グラフのようですね。

Steep(BIツール)でレポートを作成する

グラフの種類を縦棒グラフに変更して、ジャンルごとの積み上げになるよう「Breakdown」から「Genre 1」に設定します。

自動的にグラフの上部に凡例が表示されます。もちろんグラフの内訳とマッチした色が設定されます。

このあたりのユーザーに追加の作業をさせないUI/UXはとても自然ですね。

Steep(BIツール)でレポートを作成する

このグラフの設定内容がOKでしたら右上の「Done」をクリックします。

Steep(BIツール)でレポートを作成する

するとこのようにレポート画面にグラフが追加されます。

Steep(BIツール)でレポートを作成する

レポート画面のグラフの上または下にマウスオンすると新しい要素が挿入できるようになります(マウスオンしないと隠れています)。

Steep(BIツール)でレポートを作成する

続いててアクセス数とユニークユーザー数を折れ線グラフで追加してみましょう。Metricsを追加すると自動的に2つ(以上)のグラフが描画されます。

Steep(BIツール)でレポートを作成する

数量のグラフも追加します。グラフに基準線(平均)を入れてみました。

Steep(BIツール)でレポートを作成する

グラフを追加したら、タイトルなどテキストも追加できます。

Steep(BIツール)でレポートを作成する

このようにSteepでレポートを作るのはとても簡単です。

いまのことろ色やレイアウトには自由度がないようですが、自分で設定しなくても整った見ためで「いい感じの」レポートが作成できるのでとっつきやすいと思います。

以上、Steep(BIツール)でレポートを作成する方法の解説でした。

ブログに戻る
1 3

お問い合わせ