GA4のディメンションと指標を理解する。その違いは? わかりやすい覚えかた

GA4のレポートや探索を見ていると「ディメンション」「指標」という聞き慣れない言葉が出てきて最初は戸惑うかもしれません。

このディメンションと指標がそれぞれ何を表しているかをきちんと理解することは、GA4の画面を操作したり、レポートを作成する際にとても重要ですので、わかりやすく整理して解説します。

ディメンション(Dimension)

ディメンションは「数えられない」「数値で表現できない」項目です。

よく使われるディメンションには以下のようなものがあります。

  • 日付
  • セッションのデフォルトチャネル
  • 参照元/メディア
  • 国、地域、市区町村
  • デバイスカテゴリ
  • 性別
  • 年齢

指標(Metrics)

指標は「数えられる」「数値で表現できる」項目です。

よく使われる指標には以下のようなものがあります。

  • ユーザー数
  • セッション数
  • 表示回数
  • クリック数
  • コンバージョン数
  • エンゲージメント率

わかりやすい覚えかた

数値で表現できるかどうか、と言われてもピンと来ないと思いますので、こう覚えるとわかりやすいです。

「ディメンション」 ごとの 「指標」

例:

「日付」 ごとの 「アクティブユーザー数」

「セッションのデフォルトチャネル」 ごとの 「セッション数 」

「性別」 ごとの 「表示回数」

「デバイスカテゴリ」 ごとの 「クリック数」

「市区町村」 ごとの 「エンゲージメント率」

複数の組み合わせも成り立ちます。

「日付」と「デバイスカテゴリ」 ごとの 「セッション数」と「表示回数」

「日付」と「市区町村」 ごとの 「アクティブユーザー数」と「エンゲージメント率」

この「◯◯◯ごとの△△△」を言葉にしてみれば、どの項目をディメンションに設定して、どの項目を指標に設定すればよいかが想像しやすくなります。

もちろん例外もあります

数値で表現できるかどうか、でディメンションと指標を分類しましたが、もちろん例外のケースもあります。

例えば「先月、表示回数が1,000回以上あった日は何日あったか」といったように、ディメンションである「日付」を数えることもありうるので、ディメンションは絶対に数えない、ということではありません。 

以上、GA4のディメンションと指標の解説でした。

ブログに戻る
  • GA4の「イベント」と「パラメータ」とは?|GA4の必須知識

    GA4の「イベント」と「パラメータ」とは?|GA4の必須知識

    UAからの変更点で馴染みのないのが「イベント」という言葉です。

    GA4の「イベント」と「パラメータ」とは?|GA4の必須知識

    UAからの変更点で馴染みのないのが「イベント」という言葉です。

  • GA4の「ユーザー獲得」「トラフィック獲得」の違いは?

    GA4の「ユーザー獲得」「トラフィック獲得」の違いは?

    GA4のレポート画面の「ライフサイクル」の中にある「集客」の項目には「ユーザー獲得」と「トラフィック獲得」という2つのディメンションがあります。

    GA4の「ユーザー獲得」「トラフィック獲得」の違いは?

    GA4のレポート画面の「ライフサイクル」の中にある「集客」の項目には「ユーザー獲得」と「トラフィック獲得」という2つのディメンションがあります。

  • GA4のDebugView(デバッグビュー)の使いかた

    GA4のDebugView(デバッグビュー)の使いかた

    GA4で計測されるように設定した内容(イベントやパラメータ)が、正しく計測されているかどうかを検証する方法にDebugViewという機能があります。 Googleタグマネージャーを利用されている場合は「プレビュー」という機能で検証ができますが、Googleタグマネージャーを使っていない(=GA4のみ)場合はこのDebugViewで検証します。 DebugView(デバッグビュー)とは? DebugViewとはGA4のイベントの計測状況や各種パラメータの情報が確認できる機能です。 DebugViewを有効化にする方法 このDebugViewを利用するには3つ方法がありますが、簡単なのはChrome(ブラウザ)の拡張機能を使う方法です。 Google Analytics Debugger 上の拡張機能をインストールして有効にします。 ほかの2つの方法は以下になります。 Googleタグマネージャーの「プレビュー」 Googleタグマネージャーの「プレビュー」でもイベントの計測状況が把握できます。今回はGoogleタグマネージャーを使わない方法なので省略します。 GTMやgtag.jsタグを編集 サイトに設置してあるgtag.jsに‘debug_mode’:trueのパラメータを追加する方法もあります。サイトのソースに手を加えないとならないため、少々、面倒ですね。 DebugViewの見かた Google Analytics Debuggerを有効にした状態で該当のサイト/ページを閲覧すると下のようにGA4のイベントが計測されているのが確認できます。 GA4の画面の左下「管理」をクリックします。 「データの表示」の中にある「DebugView」をクリックします。 この画面を表示した状態でサイトまたはページを閲覧・操作します。 検証したいイベントが計測されているかどうかを確認したいので、そのイベントが発生する操作をしてください。 下のようにイベントが計測されるたびにイベント名が表示されます。設定したはずのイベントが計測されていないようならば、あらためてイベントの設定を見直します。 以上、GA4のデバッグビュー(DebugView)の使いかたの解説でした。

    GA4のDebugView(デバッグビュー)の使いかた

    GA4で計測されるように設定した内容(イベントやパラメータ)が、正しく計測されているかどうかを検証する方法にDebugViewという機能があります。 Googleタグマネージャーを利用されている場合は「プレビュー」という機能で検証ができますが、Googleタグマネージャーを使っていない(=GA4のみ)場合はこのDebugViewで検証します。 DebugView(デバッグビュー)とは? DebugViewとはGA4のイベントの計測状況や各種パラメータの情報が確認できる機能です。 DebugViewを有効化にする方法 このDebugViewを利用するには3つ方法がありますが、簡単なのはChrome(ブラウザ)の拡張機能を使う方法です。 Google Analytics Debugger 上の拡張機能をインストールして有効にします。 ほかの2つの方法は以下になります。 Googleタグマネージャーの「プレビュー」 Googleタグマネージャーの「プレビュー」でもイベントの計測状況が把握できます。今回はGoogleタグマネージャーを使わない方法なので省略します。 GTMやgtag.jsタグを編集 サイトに設置してあるgtag.jsに‘debug_mode’:trueのパラメータを追加する方法もあります。サイトのソースに手を加えないとならないため、少々、面倒ですね。 DebugViewの見かた Google Analytics Debuggerを有効にした状態で該当のサイト/ページを閲覧すると下のようにGA4のイベントが計測されているのが確認できます。 GA4の画面の左下「管理」をクリックします。 「データの表示」の中にある「DebugView」をクリックします。 この画面を表示した状態でサイトまたはページを閲覧・操作します。 検証したいイベントが計測されているかどうかを確認したいので、そのイベントが発生する操作をしてください。 下のようにイベントが計測されるたびにイベント名が表示されます。設定したはずのイベントが計測されていないようならば、あらためてイベントの設定を見直します。 以上、GA4のデバッグビュー(DebugView)の使いかたの解説でした。

1 3

GA4定額レポート

お問い合わせ