Looker StudioでGoogle広告のアセットでエラーが出る際の回避方法

Google広告のデータをLooker Studioで分析する際、アセット関連のディメンション(Asset IDなど)と表示回数やクリック数などを組み合わせるとエラーで表示されません。

このエラーを回避する方法を解説します。

Looker StudioでGoogle広告のアセットIDをディメンションに設定するとエラーが出る際の回避方法

上記のエラーは下の項目をディメンションと指標に設定しているケースです。

Looker StudioでGoogle広告のアセットIDをディメンションに設定するとエラーが出る際の回避方法

ディメンション

  • Asset ID
  • Asset type
  • Asset performance

指標

  • 表示回数

エラーの回避方法

このエラーを回避する方法はディメンションに「広告の種類」を追加します。

これで各ディメンション、指標が問題なく表示されます(クリック数、CTR、コンバージョンなども大丈夫です)。

Looker StudioでGoogle広告のアセットIDをディメンションに設定するとエラーが出る際の回避方法

たったこれだけですが、日本語で書かれた公式な方法が見当たらないため、この方法で回避するのが現状のベストです。

以上、Looker StudioでGoogle広告のアセットIDをディメンションに設定するとエラーが出る際の回避方法の解説でした。

ブログに戻る
  • GA4の「イベント」と「パラメータ」とは?|GA4の必須知識

    GA4の「イベント」と「パラメータ」とは?|GA4の必須知識

    UAからの変更点で馴染みのないのが「イベント」という言葉です。

    GA4の「イベント」と「パラメータ」とは?|GA4の必須知識

    UAからの変更点で馴染みのないのが「イベント」という言葉です。

  • GA4の「ユーザー獲得」「トラフィック獲得」の違いは?

    GA4の「ユーザー獲得」「トラフィック獲得」の違いは?

    GA4のレポート画面の「ライフサイクル」の中にある「集客」の項目には「ユーザー獲得」と「トラフィック獲得」という2つのディメンションがあります。

    GA4の「ユーザー獲得」「トラフィック獲得」の違いは?

    GA4のレポート画面の「ライフサイクル」の中にある「集客」の項目には「ユーザー獲得」と「トラフィック獲得」という2つのディメンションがあります。

  • GA4のDebugView(デバッグビュー)の使いかた

    GA4のDebugView(デバッグビュー)の使いかた

    GA4で計測されるように設定した内容(イベントやパラメータ)が、正しく計測されているかどうかを検証する方法にDebugViewという機能があります。 Googleタグマネージャーを利用されている場合は「プレビュー」という機能で検証ができますが、Googleタグマネージャーを使っていない(=GA4のみ)場合はこのDebugViewで検証します。 DebugView(デバッグビュー)とは? DebugViewとはGA4のイベントの計測状況や各種パラメータの情報が確認できる機能です。 DebugViewを有効化にする方法 このDebugViewを利用するには3つ方法がありますが、簡単なのはChrome(ブラウザ)の拡張機能を使う方法です。 Google Analytics Debugger 上の拡張機能をインストールして有効にします。 ほかの2つの方法は以下になります。 Googleタグマネージャーの「プレビュー」 Googleタグマネージャーの「プレビュー」でもイベントの計測状況が把握できます。今回はGoogleタグマネージャーを使わない方法なので省略します。 GTMやgtag.jsタグを編集 サイトに設置してあるgtag.jsに‘debug_mode’:trueのパラメータを追加する方法もあります。サイトのソースに手を加えないとならないため、少々、面倒ですね。 DebugViewの見かた Google Analytics Debuggerを有効にした状態で該当のサイト/ページを閲覧すると下のようにGA4のイベントが計測されているのが確認できます。 GA4の画面の左下「管理」をクリックします。 「データの表示」の中にある「DebugView」をクリックします。 この画面を表示した状態でサイトまたはページを閲覧・操作します。 検証したいイベントが計測されているかどうかを確認したいので、そのイベントが発生する操作をしてください。 下のようにイベントが計測されるたびにイベント名が表示されます。設定したはずのイベントが計測されていないようならば、あらためてイベントの設定を見直します。 以上、GA4のデバッグビュー(DebugView)の使いかたの解説でした。

    GA4のDebugView(デバッグビュー)の使いかた

    GA4で計測されるように設定した内容(イベントやパラメータ)が、正しく計測されているかどうかを検証する方法にDebugViewという機能があります。 Googleタグマネージャーを利用されている場合は「プレビュー」という機能で検証ができますが、Googleタグマネージャーを使っていない(=GA4のみ)場合はこのDebugViewで検証します。 DebugView(デバッグビュー)とは? DebugViewとはGA4のイベントの計測状況や各種パラメータの情報が確認できる機能です。 DebugViewを有効化にする方法 このDebugViewを利用するには3つ方法がありますが、簡単なのはChrome(ブラウザ)の拡張機能を使う方法です。 Google Analytics Debugger 上の拡張機能をインストールして有効にします。 ほかの2つの方法は以下になります。 Googleタグマネージャーの「プレビュー」 Googleタグマネージャーの「プレビュー」でもイベントの計測状況が把握できます。今回はGoogleタグマネージャーを使わない方法なので省略します。 GTMやgtag.jsタグを編集 サイトに設置してあるgtag.jsに‘debug_mode’:trueのパラメータを追加する方法もあります。サイトのソースに手を加えないとならないため、少々、面倒ですね。 DebugViewの見かた Google Analytics Debuggerを有効にした状態で該当のサイト/ページを閲覧すると下のようにGA4のイベントが計測されているのが確認できます。 GA4の画面の左下「管理」をクリックします。 「データの表示」の中にある「DebugView」をクリックします。 この画面を表示した状態でサイトまたはページを閲覧・操作します。 検証したいイベントが計測されているかどうかを確認したいので、そのイベントが発生する操作をしてください。 下のようにイベントが計測されるたびにイベント名が表示されます。設定したはずのイベントが計測されていないようならば、あらためてイベントの設定を見直します。 以上、GA4のデバッグビュー(DebugView)の使いかたの解説でした。

1 3

GA4定額レポート

お問い合わせ