Google広告(RSA)のアセットごとのデータを取得してLooker Studioで可視化する

Google広告のレスポンシブ検索広告(RSA:Responsive Search Ad)のアセット(広告テキスト)ごとのデータをLooker Studioで可視化する方法の解説です。

Looker Studioに連携したGoogle広告のデータにはAsset IDなどはありますが、広告テキストのデータは存在しません。

下の例のようにAsset ID、Asset type、Asset performanceなどは見られますが、さすがにIDだけではどの広告の数値なのかを判別するのは困難です。

このデータに広告テキスト(アセット)を追加したいと思います。

Google広告(RSA)のアセットごとのデータをLooker Studioで可視化する

このように広告テキストも一緒に表示されるようにする方法の解説です。

Google広告(RSA)のアセットごとのデータをLooker Studioで可視化する

手順

  1. Googleスプレッドシートを用意する
  2. Google広告でスクリプトを設定・実行する
  3. Looker Studioに接続する
  4. Looker Studioで統合データを作成する
  5. Looker Studioで可視化する

それでは進めましょう。

1.Googleスプレッドシートを用意する

新規にGoogleスプレッドシートを用意し、任意の名前をつけておきます。

Google広告(RSA)のアセットごとのデータをLooker Studioで可視化する 

2.Google広告でスクリプトを設定・実行する

Google広告の管理画面でスクリプトを設定します。

スクリプト名に任意の名称をつけておきます(わかりやすいもの)。

管理画面で、ツール>一括操作>スクリプトの順に進み、この画面で+マークをクリックして「新規スクリプト」を選択します。

Google広告(RSA)のアセットごとのデータをLooker Studioで可視化する

この画面が開いたらこのコードをコピー&ペーストします。今回はAsset ID、広告テキスト、アセットタイプのデータを取得します。

function main() {
  const sheet = SpreadsheetApp.openByUrl("スプレッドシートのURL");
 AdsApp.report('SELECT asset.id, asset.text_asset.text, asset.type FROM asset').exportToSheet(sheet.getActiveSheet());
}

※その際、最初から入っているfunction〜のコードは削除してください。

※スプレッドシートのURLはhttpsからeditの前の / までを入力します。

例:https://docs.google.com/spreadsheets/d/xxxサンプルxxx/edit#gid=70599066

画面中段に「ユーザーの代わりにスクリプトを使用して変更します。スクリプトで変更できるようにするには、そのスクリプトを承認しておく必要があります。」という表示がある場合、「承認」をクリックしておきます(アカウントの選択画面がポップアップします)。

準備ができたら、右下の「保存」してから「実行」します。

Google広告(RSA)のアセットごとのデータをLooker Studioで可視化する

このようにスプレッドシートにアセットのデータが取得できました。

Google広告(RSA)のアセットごとのデータをLooker Studioで可視化する

続いてLooker Studioで可視化していきます。

3.Looker Studioに接続する

まずLooker Studioに今回アセットデータを取得したGoogle広告のアカウントが接続されているか確認してください。

Google広告のアカウントが接続されていることが確認できたら、先ほどのスプレッドシートのデータに接続します。

  • Google広告のデータ
  • 先ほどのスプレッドシートのデータ

この2つのデータが必要です。

4.Looker Studioで統合データを作成する

Google広告のデータとスプレッドシートのデータを使って統合データを作成します。

メニューの「リソース」から「統合を管理」を選択します。

Google広告(RSA)のアセットごとのデータをLooker Studioで可視化する

「統合を追加」をクリック。

Google広告(RSA)のアセットごとのデータをLooker Studioで可視化する 

このように統合を設定します。

Google広告(RSA)のアセットごとのデータをLooker Studioで可視化する

Table 1

ディメンション

  • 広告の種類
  • Asset ID
  • Asset type
  • Asset performance

指標

  • 表示回数
  • (ほか、クリック数など任意で)

Table 2

ディメンション

  • asset_id
  • asset.text_asset.text
  • asset_type

指標

  • なし

結合の設定

Table 1、Table 2からAsset ID、asset_idを指定して「左外部結合」を選択して保存します。

データソースにはわかりやすい名称をつけておきます。

※ディメンションに「広告の種類」を設定している理由はこちらをご覧ください。
Looker StudioでGoogle広告のアセットをディメンションに設定するとエラーが出る際の回避方法
https://reposub.jp/blogs/ads/google_ads_asset_id_error

※今回はGoogle広告のデータにあるアセットだけの広告テキストが欲しかったので左外部結合にしています。

Google広告(RSA)のアセットごとのデータをLooker Studioで可視化する

統合データが準備できたら右上の「閉じる」をクリックしてもとの画面に戻ります。

5.Looker Studioで可視化する

最後にアセットの各種データと広告テキストを一緒に表にしてみましょう。

今回の設定はこのようになります。

データセット

先ほど作成した統合データを設定

ディメンション

  • 広告の種類
  • Asset ID
  • Asset type
  • asset_type
  • Asset performance
  • asset.text_asset.text

指標

  • 表示回数
  • (ほか、クリック数など任意で)

Google広告(RSA)のアセットごとのデータをLooker Studioで可視化する

このようにアセットごとの広告テキストが表示できました。

Google広告(RSA)のアセットごとのデータをLooker Studioで可視化する

アセットごとのデータに広告テキストがあるとレポートの理解しやすさが各段に向上しますね。

以上、Google広告(RSA)のアセットごとのデータをLooker Studioで可視化する方法の解説でした。

ブログに戻る
  • GA4の「イベント」と「パラメータ」とは?|GA4の必須知識

    GA4の「イベント」と「パラメータ」とは?|GA4の必須知識

    UAからの変更点で馴染みのないのが「イベント」という言葉です。

    GA4の「イベント」と「パラメータ」とは?|GA4の必須知識

    UAからの変更点で馴染みのないのが「イベント」という言葉です。

  • GA4の「ユーザー獲得」「トラフィック獲得」の違いは?

    GA4の「ユーザー獲得」「トラフィック獲得」の違いは?

    GA4のレポート画面の「ライフサイクル」の中にある「集客」の項目には「ユーザー獲得」と「トラフィック獲得」という2つのディメンションがあります。

    GA4の「ユーザー獲得」「トラフィック獲得」の違いは?

    GA4のレポート画面の「ライフサイクル」の中にある「集客」の項目には「ユーザー獲得」と「トラフィック獲得」という2つのディメンションがあります。

  • GA4のDebugView(デバッグビュー)の使いかた

    GA4のDebugView(デバッグビュー)の使いかた

    GA4で計測されるように設定した内容(イベントやパラメータ)が、正しく計測されているかどうかを検証する方法にDebugViewという機能があります。 Googleタグマネージャーを利用されている場合は「プレビュー」という機能で検証ができますが、Googleタグマネージャーを使っていない(=GA4のみ)場合はこのDebugViewで検証します。 DebugView(デバッグビュー)とは? DebugViewとはGA4のイベントの計測状況や各種パラメータの情報が確認できる機能です。 DebugViewを有効化にする方法 このDebugViewを利用するには3つ方法がありますが、簡単なのはChrome(ブラウザ)の拡張機能を使う方法です。 Google Analytics Debugger 上の拡張機能をインストールして有効にします。 ほかの2つの方法は以下になります。 Googleタグマネージャーの「プレビュー」 Googleタグマネージャーの「プレビュー」でもイベントの計測状況が把握できます。今回はGoogleタグマネージャーを使わない方法なので省略します。 GTMやgtag.jsタグを編集 サイトに設置してあるgtag.jsに‘debug_mode’:trueのパラメータを追加する方法もあります。サイトのソースに手を加えないとならないため、少々、面倒ですね。 DebugViewの見かた Google Analytics Debuggerを有効にした状態で該当のサイト/ページを閲覧すると下のようにGA4のイベントが計測されているのが確認できます。 GA4の画面の左下「管理」をクリックします。 「データの表示」の中にある「DebugView」をクリックします。 この画面を表示した状態でサイトまたはページを閲覧・操作します。 検証したいイベントが計測されているかどうかを確認したいので、そのイベントが発生する操作をしてください。 下のようにイベントが計測されるたびにイベント名が表示されます。設定したはずのイベントが計測されていないようならば、あらためてイベントの設定を見直します。 以上、GA4のデバッグビュー(DebugView)の使いかたの解説でした。

    GA4のDebugView(デバッグビュー)の使いかた

    GA4で計測されるように設定した内容(イベントやパラメータ)が、正しく計測されているかどうかを検証する方法にDebugViewという機能があります。 Googleタグマネージャーを利用されている場合は「プレビュー」という機能で検証ができますが、Googleタグマネージャーを使っていない(=GA4のみ)場合はこのDebugViewで検証します。 DebugView(デバッグビュー)とは? DebugViewとはGA4のイベントの計測状況や各種パラメータの情報が確認できる機能です。 DebugViewを有効化にする方法 このDebugViewを利用するには3つ方法がありますが、簡単なのはChrome(ブラウザ)の拡張機能を使う方法です。 Google Analytics Debugger 上の拡張機能をインストールして有効にします。 ほかの2つの方法は以下になります。 Googleタグマネージャーの「プレビュー」 Googleタグマネージャーの「プレビュー」でもイベントの計測状況が把握できます。今回はGoogleタグマネージャーを使わない方法なので省略します。 GTMやgtag.jsタグを編集 サイトに設置してあるgtag.jsに‘debug_mode’:trueのパラメータを追加する方法もあります。サイトのソースに手を加えないとならないため、少々、面倒ですね。 DebugViewの見かた Google Analytics Debuggerを有効にした状態で該当のサイト/ページを閲覧すると下のようにGA4のイベントが計測されているのが確認できます。 GA4の画面の左下「管理」をクリックします。 「データの表示」の中にある「DebugView」をクリックします。 この画面を表示した状態でサイトまたはページを閲覧・操作します。 検証したいイベントが計測されているかどうかを確認したいので、そのイベントが発生する操作をしてください。 下のようにイベントが計測されるたびにイベント名が表示されます。設定したはずのイベントが計測されていないようならば、あらためてイベントの設定を見直します。 以上、GA4のデバッグビュー(DebugView)の使いかたの解説でした。

1 3

GA4定額レポート

お問い合わせ