Google広告の複数のコンバージョン名をLooker Studioで別々に表示する設定方法

Google広告をLooker Studioで分析・可視化する際に指標に「コンバージョン」を設定すると、すべてのコンバージョン アクション(コンバージョン名)の合計数が表示されます。

例えば「問い合わせ完了」「申し込み完了」「電話タップ」など複数のコンバージョン アクションを設定しているようなケースでは、それぞれのコンバージョン名を別々に表示させたいこともあるかと思います。

Looker StudioでGoogle広告のコンバージョン アクション(コンバージョン名)を表示させる設定を解説します。

下がGoogle広告の「目標>概要」で設定できるコンバージョン アクション(コンバージョン名)の画面です。

Google広告の複数のコンバージョンアクションをLooker Studioで別々に表示する設定方法

設定方法

まずサンプルとして日ごとのコンバージョンの表で説明します。

ディメンションと指標は下のように設定しています。

  • ディメンション
  • 指標
    • コンバージョン

Google広告の複数のコンバージョンアクションをLooker Studioで別々に表示する設定方法

日ごとにコンバージョン(数)の合計が表示されていますが、これをコンバージョン アクション(コンバージョン名)ごとに表示されるようにします。

ディメンションに「Segment Conversion Type Name」を設定します。

すると下のようにコンバージョン アクション(コンバージョン名)ごとに表示できました。

コンバージョン アクション(コンバージョン名)の「面談申し込み」と「お問い合わせ」が別々に集計されているのがわかります。

Google広告の複数のコンバージョンアクションをLooker Studioで別々に表示する設定方法

以上、Google広告の複数のコンバージョンアクションをLooker Studioで別々に表示する設定方法の解説でした。

ブログに戻る
1 3

お問い合わせ